PR
Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
Recommend
New Entries
Recent Comment
  • <情報提供>庄内地方NOW・・庄内地方の「観光・イベント」情報・・鶴岡市から「由良港大漁祭」他
    柏 慎一 (10/24)
  • <情報提供>庄内地方NOW・・庄内地方の「観光・イベント」情報・・鶴岡市から「由良港大漁祭」他
    落合 良充 (10/21)
  • <情報提供>庄内地方NOW・・庄内地方の「観光・イベント」情報・・鶴岡市から「由良港大漁祭」他
    笠 真言 (10/14)
  • 庄内地方NOW・・庄内地方の「観光・イベント」情報・・鶴岡市から「DCキャンペーン」他
    HAL (06/28)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
<情報提供>庄内NOW・・庄内地方の「観光・イベント」情報・・酒田市から「黒森歌舞伎 酒田公演」「酒田雛街道」「スキー場・スケート場オープン情報」他
0

    <情報提供>庄内NOW・・庄内地方の「観光・イベント」情報・・

     

    ◆◇酒田市から

     

    黒森歌舞伎 酒田公演
    日時/3月8日(日)正午〜午後5時ごろ
    場所/希望ホール
    内容/少年太鼓、少年歌舞伎、本狂言「義経千本桜」
    費用/前売り500円(当日券700円)
    前売り券取り扱い/総合文化センター、市役所地下売店、希望ホ
    ール、八幡タウンセンター、松山総合支所、
    ひらたタウンセンター、黒森コミセン
    ●お問い合わせ/酒田市社会教育文化課内 黒森歌舞伎保存会事務局
    TEL0234-24-2994

    早春の楽しみ雛めぐり 春うらら、酒田雛街道
    各施設で大切に保管されてきたおひなさまのほか、お茶会や傘福
    の製作体験、雛スイーツや雛メニューが味わえるなど、さまざまな
    イベントが開催されます。
    開催期間/3月1日(日)〜4月3日(金)
    場所/市内観光施設、市内商店街
    ◆入館料や内容は施設により異なります。
    ◆詳しくは酒田雛街道パンフレットまたは(一社)酒田観光物産協
    会ホームページ「酒田さんぽ」を確認してください。
    ●お問い合わせ/(一社)酒田観光物産協会 TEL0234-24-2233、
    酒田市交流観光課観光交流係 TEL0234-26-5759


    酒田市美術館収蔵品展II 山を撮る、山を描く
    山岳写真家・青野恭典と山形ゆかりの画家たち
     青野恭典(1937−2016)は、庄内地方を旅のロケで訪れたことをきっかけに、秀峰・鳥海山に魅せられ、自らを「鳥海山撮影の虜」と言うほどに幾度となく撮影に訪れました。1999年に同館で個展を開催した際に、鳥海山の作品を中心とした作品20点が寄贈されました。今回、遺族の協力を得て、和紙にプリントした作品19点を加えた39点を展示します。
     また山の風景を描いた画家として、山村の風景を描いた酒田市出身の斎藤長三、故郷・鳥海山を描いた同市出身の斎藤正治などの作品も紹介します。


    会期/2月28日(金)まで(毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、2月11日(祝)〜14日(金)を除く)
    時間/午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
    観覧料/一般550円、大学・高校生270円、中学生以下無料
    ●お問い合わせ/酒田市美術館 TEL0234-31-0095

     

    冬の楽しいスポーツ スキー場がオープンします
    スキー場開き/12月22日(日)午前10時〜安全祈願祭(外山ロッジ)、午後1時〜リフト運行(降雪状況による)


    【松山スキー場】
    営業時間/

    【平日】午後1時〜9時(令和2年3月2日以降は午後5時〜)

    【土曜日】午前8時30分〜午後8時30分(令和2年3月7日以降は午後4時30分まで)
    【日曜日、祝日】午前8時30分〜午後4時30分

    【12月23日〜令和2年1月4日】午前8時30分〜午後4時30分
    リフト運行日/12月22日(日)〜令和2年3月15日(日)
    リフト無料開放日/12月22日(日)午後、令和2年3月15日(日)

    【平田スキー場】
    営業時間/午前9時〜午後4時
    リフト運行日/12月22日(日)〜令和2年2月23日(日・祝)の土曜・日曜日、祝日
    リフト無料開放日/12月22日(日)午後、令和2年2月23日(日・祝)

     

    ●お問い合わせ/松山スキー場 TEL0234-62-2020

     

    スワンスケートリンクへお越しください
    ▽使用時間/
    【月曜・水曜・金曜日】正午〜午後9時
    【火曜・木曜日】正午〜午後7時
    【土曜・日曜日、祝日、年末年始】午前10時〜午後6時
    ▽休館日/令和2年1月1日(祝)
    ▽使用料/

    小中学生220円、高校生330円、一般530円(30人以上で団体割引あり)。

    小中学生は土曜・日曜日の使用料無料


    ●お問い合わせ/
    (公財)酒田市体育協会 TEL0234-31-5539
    スワンスケートリンク TEL0234-23-3437

     

     

    情報提供:酒田市 担当/酒田市政策推進課広報広聴係

     

    ==================================

    観光物産総合研究所/地域振興ネットワーク/庄内ふるさと応援団
    代表 稲田俊明

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆観光物産総合研究所 〒166-0012東京都杉並区和田3-28-11-202 

    TEL 03-6775-7185 FAX 03-3311-9502 携帯電話090-6035-0223

    Eメールkankoubussansinbun@yahoo.co.jp ホームページ http://www.kankoubussan.jp

    ◆地域振興ネットワーク 事務局 http://kankoubussan.jugem.jp

    ◆山形県庄内ふるさと応援団「東京庄内藩」事務局 

    庄内の話題は http://shonainews.jugem.jp

    ※庄内検定3部作「庄内ふるさと検定」「庄内おくりびと検定」「庄内おしん検定」もご覧いただけます

     

    (主な役職:山形県「やまがた特命観光・つや姫大使」、山形県東京花笠連合会顧問、山形県東京三八会会長、全国ふるさと大使連絡会議理事、ふるさとテレビ顧問、他)

    posted by: shonainews | 庄内観光・イベント情報 | 08:29 | comments(0) | - | - |
    <情報提供>庄内NOW・・庄内地方の「観光・イベント」情報・・鶴岡市から「鶴岡雛物語」「伝統木構造の継承と発展を考えるシンポジウム」「各種食イベント」他
    0
      <情報提供>庄内NOW・・庄内地方の「観光・イベント」情報・・

       

      ◆◇鶴岡市から

       

      ■鶴岡雛物語

       

      □雛人形展示
      ▽荘内神社「宝物殿」 城下町の雛物語(鶴岡市馬場町4-1)
      ◎日 時 2月22日(土)〜3月22日(日)午前9時30分〜午後4時30分
      ◎問い合わせ 同神社 TEL:0235-22-8100


      ▽龍の湯「蔵ギャラリー・氷室」 温泉宿のひな祭り(鶴岡市湯野浜2-4-47)
      ◎日 時 3月1日(日)〜31日(火)午前9時〜午後4時30分
      ◎料 金 大人400円、シニア・学生300円、小学生200円
      ◎問い合わせ 龍の湯 TEL:0235-75-2241


      ▽致道博物館「御隠殿」鶴岡雛物語(鶴岡市家中新町10-18)
      ◎日 時 3月1日(日)〜4月5日(日)午前9時〜午後4時30分
      ◎料 金 大人800円、学生400円、小・中学生300円
      ◎問い合わせ 同館 TEL:0235-22-1199


      ▽湯田川温泉「旧白幡邸」 旧白幡家のおひな様(鶴岡市湯田川字湯元乙71)
      ◎日 時 3月1日(日)〜4月5日(日)午前9時〜午後3時
      ◎料 金 大人350円、小・中学生200円
      ◎問い合わせ 湯田川温泉観光協会 TEL:0235-35-4111


      ▽つるおか雛めぐり お雛はん魅さへ〜
      のぼりのあるお店で雛人形が展示されます。先着700人にオリジナル手拭いをプレゼントするスタンプラリーも開催。
      ◎日 時 3月1日(日)〜4月3日(金)(店舗によって公開期間・時間、定休日が異なります)
      ◎問い合わせ 鶴岡商工会議所 TEL:0235-24-7711


      ▽旧風間家住宅「丙申堂」 丙申堂のひな祭り(鶴岡市馬場町1-17)
      ◎日 時 3月14日(土)〜4月5日(日)午前9時30分〜午後4時
      ◎料 金 大人400円、高校生300円、小・中学生200円
      ◎問い合わせ 克念社 TEL:0235-22-0015


      ▽湯野浜温泉雛めぐり
      湯野浜温泉各旅館で伝統的なお雛様が展示されます(入場無料〈「龍の湯」を除く〉)。
      ◎日 時 各旅館で異なります
      ◎問い合わせ 湯野浜温泉観光協会 TEL:0235-75-2258


      ▽共通
      ◎問い合わせ 鶴岡市役所本所観光物産課
      TEL:0235-25-2111内線569

      □こちらでも雛人形が展示されます
      ▽長沼温泉ぽっぽの湯のひなかざり(鶴岡市長沼字宮前226-1)
      ◎日 時 3月1日(日)〜28日(土)午前6時〜午後10時(12日〈木〉は午後5時から)
      ◎問い合わせ 長沼温泉ぽっぽの湯 TEL:0235-64-4126


      ▽あつみ温泉湯のまち人形めぐり
      ◎日 時 3月1日(日)〜31日(火)(各施設で公開時間が異なります)
      ◎場 所 旅館、商店
      ◎問い合わせ あつみ観光協会 TEL:0235-43-3547
      ◎その他 展示施設を巡るスタンプラリーを開催

      □お雛菓子づくり
      ◎日時・場所 荘内神社…3月1日(日)
      つるおか食文化市場FOODEVER(フーデェヴァー)…7日(土)
      致道博物館…8日(日)・22日(日)
      龍の湯…20日(金)・21日(土)
      旧白幡邸…29日(日)
      丙申堂…4月5日(日)
      ◎時 間 午後1時〜3時
      ◎料 金 1個200円(別途入館料が掛かる場合あり)
      ◎問い合わせ 各施設

      □顔出し看板設置
      ◎日 時 3月1日(日)〜4月5日(日)(施設によって若干異なります)
      ◎場 所 致道博物館、龍の湯、荘内神社
      ◎問い合わせ 各施設
      ◎その他 写真を撮るとプレゼントを進呈

      □あこがれの姫様気分!「つるおか姫様プロジェクト」
      ◎日 時 3月1日(日)〜各施設雛人形展示最終日
      ◎場 所 致道博物館、龍の湯、丙申堂、旧白幡邸、荘内神社
      ◎内 容 入場後「お姫様になりたいです」と伝えていただいた方に先着順で缶バッジを進呈
      ◎問い合わせ 各施設
      ◎その他 缶バッジを付けて同物語関連施設を巡ると「お姫様」と呼ばれます

      □へんしん!かわいいおひなさま
      ◎日時・場所

      フーデェヴァー…3月7日(土)
      丙申堂…15日(日)
      龍の湯…20日(金)・21日(土)
      致道博物館…22日(日)〜4月4日(土)
      旧白幡邸…4月5日(日)・11日(土)・12日(日)
      ◎内 容 簡単な着付けでお雛様に変身
      ◎問い合わせ 各施設
      ◎その他 写真を撮るとプレゼントを進呈
       

      ■伝統木構造の継承と発展を考えるシンポジウム
      ◎日 時/2月29日(土)午後1時30分
      ◎場 所/先端研究産業支援センター(鶴岡市覚岸寺字水上246-2)
      ◎内 容/講演
      「過去に学ぶ これからの木造」後藤治氏(工学院大学理事長)
      「伝統構法の継承と研鑽」海老崎粂次氏(海老崎組棟梁)
      ◎申し込み/
      鶴岡市建築課内「つるおか住宅活性化ネットワーク」事務局
      TEL:0235-25-2111 内線484
       

      ■寒そばまつり
      ◎日 時/2月29日(土)までの午前11時〜午後4時30分
      ◎内 容/十割そば・豚しゃぶ鍋・天ぷら・小鉢
      ◎費 用/1,500円(当日は100円増し)
      ◎会場・問い合わせ/そば処大梵字(鶴岡市越中山字名平4-2)TEL:0235-53-3413

       

      ■朝日地域の食材を使った懐かしいおふくろの味
       山のごっつおまつり
      ◎日時/2月9日(日)、3月1日(日)・22日(日)、4月12日(日)
          午前10時30分〜午後2時
      ◎料金/1皿100円
      ◎場所・問い合わせ/産直あさひ・グー(鶴岡市下名川字落合183)TEL:0235-58-1455
       

      ■企画展〈藤沢周平と米沢〉関連イベント
       朗読会 藤沢作品を読む『密謀』
      ◎日 時/3月21日(土)午後1時30分
      ◎場 所/荘内神社参集殿(鶴岡公園〈鶴岡市馬場町4〉内)
      ◎講 師/中江有里氏
      ◎定 員/300人(応募者多数の場合は抽せん)
      ◎申し込み・問い合わせ/
       ハガキに氏名・住所・電話番号(1枚につき1人)を記入の上、2月20日(木)まで藤沢周平記念館(〒997-0035鶴岡市馬場町4-6)、TEL:0235-29-1880へ
      ◎URL/http://www.city.tsuruoka.lg.jp/fujisawa_shuhei_memorial_museum/event/

       

      ■郷土ゆかりの企画展覧会

      「庄内の美術家たち15 稀代の文人 山口白雲—水墨蘭図を中心に—」
      ◎日 時/2月8日(土)〜3月8日(日)午前9時〜午後5時
      ◎費 用/大人…200円 高校生・大学生…100円
      ◎会場・問い合わせ/鶴岡アートフォーラム(鶴岡市馬場町13-3)TEL:0235-29-0260
      ◎その他/学芸員のギャラリートークあり(2月16日〈日〉・3月1日〈日〉午後2時)

       

      ■収蔵資料展‐古文書から見る羽黒山の神仏分離
      ◎日 時/昨年11月30日(土)〜4月13日(月)午前9時30分〜午後4時
      ◎料 金/大人…400円 高校生・大学生…300円 小・中学生…200円
      ◎場所・問合せ/いでは文化記念館(鶴岡市羽黒町手向院南72)TEL:0235-62-4727

       

       

      情報提供:鶴岡市 担当/鶴岡市役所総務課広報広聴係

       

      ==================================

      観光物産総合研究所/地域振興ネットワーク/庄内ふるさと応援団
      代表 稲田俊明

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      ◆観光物産総合研究所 〒166-0012東京都杉並区和田3-28-11-202 

      TEL 03-6775-7185 FAX 03-3311-9502 携帯電話090-6035-0223

      Eメールkankoubussansinbun@yahoo.co.jp ホームページ http://www.kankoubussan.jp

      ◆地域振興ネットワーク 事務局 http://kankoubussan.jugem.jp

      ◆山形県庄内ふるさと応援団「東京庄内藩」事務局 

      庄内の話題は http://shonainews.jugem.jp

      庄内検定3部作「庄内ふるさと検定」「庄内おくりびと検定」「庄内おしん検定」もご覧いただけます

       

      (主な役職:山形県「やまがた特命観光・つや姫大使」、山形県東京花笠連合会顧問、山形県東京花笠連合会顧問、全国ふるさと大使連絡会議理事、ふるさとテレビ顧問、他)

      posted by: shonainews | 庄内観光・イベント情報 | 17:11 | comments(0) | - | - |
      <トピックス>山形県&庄内地方の「時々の話題を追って」 ◆◇山形県・山形市発=月山めのうを使ったさくらんぼピンバッジ製作
      0
        <トピックス>山形県&庄内地方の「時々の話題を追って」

         

        ◆◇山形県・山形市発=月山めのうを使ったさくらんぼピンバッジ製作

         ジュエリー販売のアトリエジェムカフェ(山形市)が月山周辺で採れる天然貴石「メノウ」を使い、サクランボ形ピンバッジを作った。県産原料でデザイン性が高く、本県をPRする品をと、1年がかりで商品化した。

         月山で採れるメノウは「月山めのう」と呼ばれ、優れた色味や輝き、質の高さが特徴で、磨いてジュエリー加工に使う。サクランボ形ピンバッジは果実を表す赤2粒、葉の緑1粒で作り、軸と留め具は銀製。縦13ミリ、横12ミリ、厚さ18ミリの大きさで、襟元などに付ければ、果実がゆらゆらと揺れる様子が目を引く。天然石らしく一つ一つ異なる表情を持っている。

         

        (山形新聞より)

         

        ==================================

        観光物産総合研究所/地域振興ネットワーク/庄内ふるさと応援団
        代表 稲田俊明

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        ◆観光物産総合研究所 〒166-0012東京都杉並区和田3-28-11-202 

        TEL 03-6775-7185 FAX 03-3311-9502 携帯電話090-6035-0223

        Eメール kankoubussansinbun@yahoo.co.jp ホームページ https://kankoubussan.jimdo.com

        ◆地域振興ネットワーク 事務局 http://kankoubussan.jugem.jp

        ◆山形県庄内ふるさと応援団「東京庄内藩」事務局 

        庄内の話題は http://shonainews.jugem.jp

        庄内検定3部作「庄内ふるさと検定」「庄内おくりびと検定」「庄内おしん検定」もご覧いただけます

         

        (主な役職:山形県「やまがた特命観光・つや姫大使」、山形県東京花笠連合会顧問、山形県東京三八会会長、全国ふるさと大使連絡会議理事、ふるさとテレビ顧問、他)

        posted by: shonainews | 山形県&庄内の「トピックス」 | 15:07 | comments(0) | - | - |
        <トピックス>山形県&庄内地方の「時々の話題を追って」 ◆◇山形県・天童発=「金」「歩」くりぬいたのりでおにぎり
        0
          <トピックス>山形県&庄内地方の「時々の話題を追って」

           

          ◆◇山形県・天童発=「金」「歩」くりぬいたのりでおにぎり

          ―将棋駒を生かした地域振興策「コマノミクス」の一環で

           

           将棋駒を生かした地域振興策「コマノミクス」の一環で、山形県の天童商工会議所は駒の形や「金」「歩」「と」の文字をくりぬいた、のりの新商品「こま海苔(のり)」を製作した。4月以降、天童市内の飲食店や土産店向けに販売する予定。

           

           市役所内の食堂「いなほキッチン」では昨年12月11日から、こま海苔を使ったおにぎり(サケとチャーハンの2種類、各120円)とラーメン(550円)を提供している。県や山形市などと連携した事業で、東日本大震災の復興支援として、のりは三陸産を使っている。

           

          (毎日新聞より)

           

          ==================================

          観光物産総合研究所/地域振興ネットワーク/庄内ふるさと応援団
          代表 稲田俊明

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          ◆観光物産総合研究所 〒166-0012東京都杉並区和田3-28-11-202 

          TEL 03-6775-7185 FAX 03-3311-9502 携帯電話090-6035-0223

          Eメール kankoubussansinbun@yahoo.co.jp ホームページ https://kankoubussan.jimdo.com

          ◆地域振興ネットワーク 事務局 http://kankoubussan.jugem.jp

          ◆山形県庄内ふるさと応援団「東京庄内藩」事務局 

          庄内の話題は http://shonainews.jugem.jp

          庄内検定3部作「庄内ふるさと検定」「庄内おくりびと検定」「庄内おしん検定」もご覧いただけます

           

          (主な役職:山形県「やまがた特命観光・つや姫大使」、山形県東京花笠連合会顧問、山形県東京三八会会長、全国ふるさと大使連絡会議理事、ふるさとテレビ顧問、他)

          posted by: shonainews | 山形県&庄内の「トピックス」 | 06:31 | comments(0) | - | - |
          <トピックス>山形県&庄内地方の「時々の話題を追って」 ◆◇山形県・庄内発=被災後初の「新酒・酒蔵まつり」開催
          0
            <トピックス>山形県&庄内地方の「時々の話題を追って」

             

            ◆◇山形県・庄内発=被災後初の「新酒・酒蔵まつり」開催

            ―支援者駆け付け、例年以上の盛況

             

             昨年6月に山形県鶴岡市内で震度6弱を記録した地震により、四つの蔵元で計約3万本の酒瓶が割れるなど大きな被害を受けた“酒どころ”の同市大山地区で2月8日、被災後では初となる恒例の「大山新酒・酒蔵まつり」が開かれた。日本酒ファンに加え、運営ボランティアも多数駆け付けるなど例年以上の盛況になった。

             

             大山地区は江戸幕府の天領で、江戸時代初期から本格的な酒造りが始まった。まつりは25回目の開催。搾りたての新酒が試飲できる4軒の蔵元は、正午の開場前からすべて100人以上の行列ができた。

             

             

            (毎日新聞より)

             

            ==================================

            観光物産総合研究所/地域振興ネットワーク/庄内ふるさと応援団
            代表 稲田俊明

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

            ◆観光物産総合研究所 〒166-0012東京都杉並区和田3-28-11-202 

            TEL 03-6775-7185 FAX 03-3311-9502 携帯電話090-6035-0223

            Eメール kankoubussansinbun@yahoo.co.jp ホームページ https://kankoubussan.jimdo.com

            ◆地域振興ネットワーク 事務局 http://kankoubussan.jugem.jp

            ◆山形県庄内ふるさと応援団「東京庄内藩」事務局 

            庄内の話題は http://shonainews.jugem.jp

            庄内検定3部作「庄内ふるさと検定」「庄内おくりびと検定」「庄内おしん検定」もご覧いただけます

             

            (主な役職:山形県「やまがた特命観光・つや姫大使」、山形県東京花笠連合会顧問、山形県東京三八会会長、全国ふるさと大使連絡会議理事、ふるさとテレビ顧問、他)

            posted by: shonainews | 山形県&庄内の「トピックス」 | 17:15 | comments(0) | - | - |
            <情報提供>庄内NOW・・庄内地方の「観光・イベント」情報・・鶴岡市から「自然学習交流館「ほとりあ」の催し」「寒そばまつり」「朝日地域の食材を使った懐かしいおふくろの味」他
            0
              <情報提供>庄内NOW・・庄内地方の「観光・イベント」情報・・

               

              ◆◇鶴岡市から

               

              ■自然学習交流館「ほとりあ」の催し
              ▼ワークショップ「絵本の読み聞かせと焼きリンゴづくり」
              ◎日 時/2月22日(土)午前10時30分、午後1時
              ◎定 員/各回10人
              ◎費 用/150円
              ◎申し込み/2月20日(木)まで
              ▼ほとりあ学習発表会
              ◎日 時/3月7日(土)午前9時
              ▼共通
              ◎場所・問い合わせ/
              同館(鶴岡市馬町駒繋3-1) TEL:0235-33-8693

              ■伝統木構造の継承と発展を考えるシンポジウム
              ◎日 時/2月29日(土)午後1時30分
              ◎場 所/
              先端研究産業支援センター(鶴岡市覚岸寺字水上246-2)
              ◎内 容/講演
              「過去に学ぶ これからの木造」後藤治氏(工学院大学理事長)
              「伝統構法の継承と研鑽」海老崎粂次氏(海老崎組棟梁)
              ◎申し込み/
              鶴岡市建築課内「つるおか住宅活性化ネットワーク」事務局
              TEL:0235-25-2111 内線484
               

              ■朝日地域の食材を使った懐かしいおふくろの味
               山のごっつおまつり
              ◎日時/2月9日(日)、3月1日(日)・22日(日)、4月12日(日)
                  午前10時30分〜午後2時
              ◎料金/1皿100円
              ◎場所・問い合わせ/産直あさひ・グー(鶴岡市下名川字落合183)TEL:0235-58-1455
               

              ■寒そばまつり
              ◎日 時/2月29日(土)までの午前11時〜午後4時30分
              ◎内 容/十割そば・豚しゃぶ鍋・天ぷら・小鉢
              ◎費 用/1,500円(当日は100円増し)
              ◎会場・問い合わせ/そば処大梵字(鶴岡市越中山字名平4-2)TEL:0235-53-3413

               

              ■企画展〈藤沢周平と米沢〉関連イベント
               朗読会 藤沢作品を読む『密謀』
              ◎日 時/3月21日(土)午後1時30分
              ◎場 所/荘内神社参集殿(鶴岡公園〈鶴岡市馬場町4〉内)
              ◎講 師/中江有里氏
              ◎定 員/300人(応募者多数の場合は抽せん)
              ◎申し込み・問い合わせ/
               ハガキに氏名・住所・電話番号(1枚につき1人)を記入の上、2月20日(木)まで藤沢周平記念館(〒997-0035鶴岡市馬場町4-6)、TEL:0235-29-1880へ
              ◎URL/http://www.city.tsuruoka.lg.jp/fujisawa_shuhei_memorial_museum/event/

               

              ■郷土ゆかりの企画展覧会

              「庄内の美術家たち15 稀代の文人 山口白雲—水墨蘭図を中心に—」
              ◎日 時/2月8日(土)〜3月8日(日)午前9時〜午後5時
              ◎費 用/大人…200円 高校生・大学生…100円
              ◎会場・問い合わせ/鶴岡アートフォーラム(鶴岡市馬場町13-3)TEL:0235-29-0260
              ◎その他/学芸員のギャラリートークあり(2月16日〈日〉・3月1日〈日〉午後2時)

               

              ■収蔵資料展‐古文書から見る羽黒山の神仏分離
              ◎日 時/昨年11月30日(土)〜4月13日(月)午前9時30分〜午後4時
              ◎料 金/大人…400円 高校生・大学生…300円 小・中学生…200円
              ◎場所・問合せ/いでは文化記念館(鶴岡市羽黒町手向院南72)TEL:0235-62-4727

               

               

              情報提供:鶴岡市 担当/鶴岡市役所総務課広報広聴係

               

              ==================================

              観光物産総合研究所/地域振興ネットワーク/庄内ふるさと応援団
              代表 稲田俊明

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

              ◆観光物産総合研究所 〒166-0012東京都杉並区和田3-28-11-202 

              TEL 03-6775-7185 FAX 03-3311-9502 携帯電話090-6035-0223

              Eメールkankoubussansinbun@yahoo.co.jp ホームページ http://www.kankoubussan.jp

              ◆地域振興ネットワーク 事務局 http://kankoubussan.jugem.jp

              ◆山形県庄内ふるさと応援団「東京庄内藩」事務局 

              庄内の話題は http://shonainews.jugem.jp

              庄内検定3部作「庄内ふるさと検定」「庄内おくりびと検定」「庄内おしん検定」もご覧いただけます

               

              (主な役職:山形県「やまがた特命観光・つや姫大使」、山形県東京花笠連合会顧問、山形県東京花笠連合会顧問、全国ふるさと大使連絡会議理事、ふるさとテレビ顧問、他)

              posted by: shonainews | 庄内観光・イベント情報 | 16:58 | comments(0) | - | - |
              <情報提供>庄内NOW・・庄内地方の「観光・イベント」情報・・酒田市から「黒森歌舞伎 正月公演」「早春の楽しみ雛めぐり 春うらら、酒田雛街道」「スキー場・スケート場オープン情報」他
              0

                <情報提供>庄内NOW・・庄内地方の「観光・イベント」情報・・

                 

                ◆◇酒田市から

                 

                黒森歌舞伎 正月公演
                黒森歌舞伎は、江戸時代中期から黒森日枝神社に奉納されたといわれる農民歌舞伎で、280年以上にわたり黒森地区で伝承されてきました。本年は令和元年11月のポーランド公演でも披露された「義経千本桜」を上演します。

                 

                日時/2月15日(土)、17日(月)午前10時〜午後5時ごろ
                場所/黒森日枝神社境内
                費用/無料
                演目/
                午前10時〜少年太鼓「四季 黒森」「風」、神事、 神楽、三番叟
                正午〜少年歌舞伎 「青砥稿花紅彩画」より 稲瀬川勢揃いの場
                午後1時〜4時ごろ 本狂言「義経千本桜」より
                【15日】伏見稲荷鳥居前の場、摂州渡海屋の場
                【17日】摂州渡海屋の場、摂州大物浦の場
                ◆無料駐車場があります。係員の指示に従ってください。
                ◆屋外のため、防寒対策必須。
                ◆特製弁当を販売します(1日30食限定。1,000円)。
                ◆有料ます席もあります(1ます4人分で1万円。特製弁当、おみやげ、ひざ掛け付き。1日8ます限定)。弁当・ます席の予約は黒森
                コミセンへ TEL0234-92-2255

                 

                【酒田公演】
                日時/3月8日(日)正午〜午後5時ごろ
                場所/希望ホール
                内容/少年太鼓、少年歌舞伎、本狂言「義経千本桜」
                費用/前売り500円(当日券700円)
                ◆前売り券は総合文化センター、市役所地下売店、希望ホール、八幡タウンセンター、松山総合支所、ひらたタウンセンター、黒森コミセンで取り扱います。
                ●お問い合わせ/酒田市社会教育文化課内黒森歌舞伎保存会事務局 TEL0234-24-2994

                酒田市美術館収蔵品展II 山を撮る、山を描く
                山岳写真家・青野恭典と山形ゆかりの画家たち
                 青野恭典(1937−2016)は、庄内地方を旅のロケで訪れたことをきっかけに、秀峰・鳥海山に魅せられ、自らを「鳥海山撮影の虜」と言うほどに幾度となく撮影に訪れました。1999年に同館で個展を開催した際に、鳥海山の作品を中心とした作品20点が寄贈されました。今回、遺族の協力を得て、和紙にプリントした作品19点を加えた39点を展示します。
                 また山の風景を描いた画家として、山村の風景を描いた酒田市出身の斎藤長三、故郷・鳥海山を描いた同市出身の斎藤正治などの作品も紹介します。


                会期/2月28日(金)まで(毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、2月11日(祝)〜14日(金)を除く)
                時間/午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
                観覧料/一般550円、大学・高校生270円、中学生以下無料
                ●お問い合わせ/酒田市美術館 TEL0234-31-0095

                 

                早春の楽しみ雛めぐり 春うらら、酒田雛街道
                大切に保管されてきたおひなさまの展示のほか、お茶会や傘福の製作体験、雛スイーツや雛メニューが味わえるなど、さまざまなイベントが開催されます。
                開催期間/3月1日(日)〜4月3日(金)
                ●お問い合わせ/(一社)酒田観光物産協会 TEL0234-24-2233
                酒田市交流観光課観光戦略係 TEL0234-26-5759

                 

                冬の楽しいスポーツ スキー場がオープンします
                スキー場開き/12月22日(日)午前10時〜安全祈願祭(外山ロッジ)、午後1時〜リフト運行(降雪状況による)


                【松山スキー場】
                営業時間/

                【平日】午後1時〜9時(令和2年3月2日以降は午後5時〜)

                【土曜日】午前8時30分〜午後8時30分(令和2年3月7日以降は午後4時30分まで)
                【日曜日、祝日】午前8時30分〜午後4時30分

                【12月23日〜令和2年1月4日】午前8時30分〜午後4時30分
                リフト運行日/12月22日(日)〜令和2年3月15日(日)
                リフト無料開放日/12月22日(日)午後、令和2年3月15日(日)

                【平田スキー場】
                営業時間/午前9時〜午後4時
                リフト運行日/12月22日(日)〜令和2年2月23日(日・祝)の土曜・日曜日、祝日
                リフト無料開放日/12月22日(日)午後、令和2年2月23日(日・祝)

                 

                ●お問い合わせ/松山スキー場 TEL0234-62-2020

                 

                スワンスケートリンクへお越しください
                ▽使用時間/
                【月曜・水曜・金曜日】正午〜午後9時
                【火曜・木曜日】正午〜午後7時
                【土曜・日曜日、祝日、年末年始】午前10時〜午後6時
                ▽休館日/令和2年1月1日(祝)
                ▽使用料/

                小中学生220円、高校生330円、一般530円(30人以上で団体割引あり)。

                小中学生は土曜・日曜日の使用料無料


                ●お問い合わせ/
                (公財)酒田市体育協会 TEL0234-31-5539
                スワンスケートリンク TEL0234-23-3437

                 

                 

                情報提供:酒田市 担当/酒田市政策推進課広報広聴係

                 

                ==================================

                観光物産総合研究所/地域振興ネットワーク/庄内ふるさと応援団
                代表 稲田俊明

                ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                ◆観光物産総合研究所 〒166-0012東京都杉並区和田3-28-11-202 

                TEL 03-6775-7185 FAX 03-3311-9502 携帯電話090-6035-0223

                Eメールkankoubussansinbun@yahoo.co.jp ホームページ http://www.kankoubussan.jp

                ◆地域振興ネットワーク 事務局 http://kankoubussan.jugem.jp

                ◆山形県庄内ふるさと応援団「東京庄内藩」事務局 

                庄内の話題は http://shonainews.jugem.jp

                ※庄内検定3部作「庄内ふるさと検定」「庄内おくりびと検定」「庄内おしん検定」もご覧いただけます

                 

                (主な役職:山形県「やまがた特命観光・つや姫大使」、山形県東京花笠連合会顧問、山形県東京三八会会長、全国ふるさと大使連絡会議理事、ふるさとテレビ顧問、他)

                posted by: shonainews | 庄内観光・イベント情報 | 06:13 | comments(0) | - | - |
                <トピックス>山形県&庄内地方の「時々の話題を追って」 ◆◇山形県=新型肺炎拡大の影響ジワリ 山形で中国人客580人分キャンセル
                0
                  <トピックス>山形県&庄内地方の「時々の話題を追って」

                   

                  ◆◇山形県=新型肺炎拡大の影響ジワリ 山形で中国人客580人分キャンセル

                   

                   山形県は1月28日、県内の宿泊施設で今月(1月)から来月(2月)にかけ、少なくとも延べ約580人分の中国人客の予約キャンセルがあったと発表した。新型コロナウイルスによる肺炎の拡大が影響したとみられる。


                   県インバウンド・国際交流推進課によると予約キャンセルは蔵王温泉(山形市)が約490人と大部分を占めた。かみのやま温泉(上山市)とあつみ温泉(鶴岡市)でも数十人ずつ出た。


                   蔵王温泉のキャンセル客は、スキーや樹氷観賞を目的とした団体客が多いとされる。台湾などと並んで中国からの宿泊客が多いという「蔵王四季のホテル」では今月(1月)中旬以降、キャンセルが相次いだ。


                   ホテルの布施正一専務は「暖冬で雪目当ての客が減っている中、追い打ちをかけられ厳しい状況。春節のトップシーズンだが、売り上げの減少は免れないだろう」と語った。同温泉の「おおみや旅館」でも、従業員全員にマスクを着用させる対応を取った。担当者は「肺炎が拡大していることはどうしようもないが、館内では感染を防ぐよう徹底したい」と話した。

                   

                   

                  (河北新報より)

                   

                  ==================================

                  観光物産総合研究所/地域振興ネットワーク/庄内ふるさと応援団
                  代表 稲田俊明

                  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                  ◆観光物産総合研究所 〒166-0012東京都杉並区和田3-28-11-202 

                  TEL 03-6775-7185 FAX 03-3311-9502 携帯電話090-6035-0223

                  Eメール kankoubussansinbun@yahoo.co.jp ホームページ https://kankoubussan.jimdo.com

                  ◆地域振興ネットワーク 事務局 http://kankoubussan.jugem.jp

                  ◆山形県庄内ふるさと応援団「東京庄内藩」事務局 

                  庄内の話題は http://shonainews.jugem.jp

                  庄内検定3部作「庄内ふるさと検定」「庄内おくりびと検定」「庄内おしん検定」もご覧いただけます

                   

                  (主な役職:山形県「やまがた特命観光・つや姫大使」、山形県東京花笠連合会顧問、山形県東京三八会会長、全国ふるさと大使連絡会議理事、ふるさとテレビ顧問、他)

                  posted by: shonainews | 山形県&庄内の「トピックス」 | 08:32 | comments(0) | - | - |
                  <トピックス>山形県&庄内地方の「時々の話題を追って」 ◆◇山形県=山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇
                  0
                    <トピックス>山形県&庄内地方の「時々の話題を追って」

                     

                    ◆◇山形県=山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

                    ―山形県唯一の百貨店消える

                     

                     経営再建中の百貨店「大沼」(山形市七日町1)は1月27日、山形地裁に破産を申請した。正社員約150人ら従業員計約200人を同日付で解雇する。

                     

                     大沼は1700年創業の企業が1950年に設立した。現存する百貨店では、1611年創業の松坂屋、73年創業の三越に次ぐ老舗企業。信用調査会社によると、売上高は1993年2月期の約196億円をピークに17期連続減収で2019年2月期は約74億円まで減少。郊外型店舗との競争などで経営不振が続いていた。

                     

                     18年3月に銀行団が私的整理を行い、同4月以降は東京の投資事業会社「マイルストーンターンアラウンドマネジメント」の資金提供を受けて経営再建を図った。だが、資金を巡る対立から19年3月にマイル社を追放。経営陣を刷新したものの、慢性的な運転資金不足に陥り、18年4月以降は短期間に経営トップが4回交代。テナントが相次いで退店し、顧客離れが進んでいた。

                     

                    (毎日新聞より)

                     

                    ==================================

                    観光物産総合研究所/地域振興ネットワーク/庄内ふるさと応援団
                    代表 稲田俊明

                    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                    ◆観光物産総合研究所 〒166-0012東京都杉並区和田3-28-11-202 

                    TEL 03-6775-7185 FAX 03-3311-9502 携帯電話090-6035-0223

                    Eメール kankoubussansinbun@yahoo.co.jp ホームページ https://kankoubussan.jimdo.com

                    ◆地域振興ネットワーク 事務局 http://kankoubussan.jugem.jp

                    ◆山形県庄内ふるさと応援団「東京庄内藩」事務局 

                    庄内の話題は http://shonainews.jugem.jp

                    庄内検定3部作「庄内ふるさと検定」「庄内おくりびと検定」「庄内おしん検定」もご覧いただけます

                     

                    (主な役職:山形県「やまがた特命観光・つや姫大使」、山形県東京花笠連合会顧問、山形県東京三八会会長、全国ふるさと大使連絡会議理事、ふるさとテレビ顧問、他)

                    posted by: shonainews | 山形県&庄内の「トピックス」 | 07:59 | comments(0) | - | - |
                    <情報提供>庄内NOW・・庄内地方の「観光・イベント」情報・・酒田市から「黒森歌舞伎 正月公演」「酒田市美術館収蔵品展II 山を撮る、山を描く」「スキー場・スケート場オープン情報」
                    0

                      <情報提供>庄内NOW・・庄内地方の「観光・イベント」情報・・

                       

                      ◆◇酒田市から

                       

                      黒森歌舞伎 正月公演
                      黒森歌舞伎は、江戸時代中期から黒森日枝神社に奉納されたといわれる農民歌舞伎で、280年以上にわたり黒森地区で伝承されてきました。本年は令和元年11月のポーランド公演でも披露された「義経千本桜」を上演します。

                       

                      日時/2月15日(土)、17日(月)午前10時〜午後5時ごろ
                      場所/黒森日枝神社境内
                      費用/無料
                      演目/
                      午前10時〜少年太鼓「四季 黒森」「風」、神事、 神楽、三番叟
                      正午〜少年歌舞伎 「青砥稿花紅彩画」より 稲瀬川勢揃いの場
                      午後1時〜4時ごろ 本狂言「義経千本桜」より
                      【15日】伏見稲荷鳥居前の場、摂州渡海屋の場
                      【17日】摂州渡海屋の場、摂州大物浦の場
                      ◆無料駐車場があります。係員の指示に従ってください。
                      ◆屋外のため、防寒対策必須。
                      ◆特製弁当を販売します(1日30食限定。1,000円)。
                      ◆有料ます席もあります(1ます4人分で1万円。特製弁当、おみやげ、ひざ掛け付き。1日8ます限定)。弁当・ます席の予約は黒森
                      コミセンへ TEL0234-92-2255

                       

                      【酒田公演】
                      日時/3月8日(日)正午〜午後5時ごろ
                      場所/希望ホール
                      内容/少年太鼓、少年歌舞伎、本狂言「義経千本桜」
                      費用/前売り500円(当日券700円)
                      ◆前売り券は総合文化センター、市役所地下売店、希望ホール、八幡タウンセンター、松山総合支所、ひらたタウンセンター、黒森コミセンで取り扱います。
                      ●お問い合わせ/酒田市社会教育文化課内黒森歌舞伎保存会事務局 TEL0234-24-2994

                      酒田市美術館収蔵品展II 山を撮る、山を描く
                      山岳写真家・青野恭典と山形ゆかりの画家たち
                       青野恭典(1937−2016)は、庄内地方を旅のロケで訪れたことをきっかけに、秀峰・鳥海山に魅せられ、自らを「鳥海山撮影の虜」と言うほどに幾度となく撮影に訪れました。1999年に同館で個展を開催した際に、鳥海山の作品を中心とした作品20点が寄贈されました。今回、遺族の協力を得て、和紙にプリントした作品19点を加えた39点を展示します。
                       また山の風景を描いた画家として、山村の風景を描いた酒田市出身の斎藤長三、故郷・鳥海山を描いた同市出身の斎藤正治などの作品も紹介します。


                      会期/2月28日(金)まで(毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、2月11日(祝)〜14日(金)を除く)
                      時間/午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
                      観覧料/一般550円、大学・高校生270円、中学生以下無料
                      ●お問い合わせ/酒田市美術館 TEL0234-31-0095

                       

                      冬の楽しいスポーツ スキー場がオープンします
                      スキー場開き/12月22日(日)午前10時〜安全祈願祭(外山ロッジ)、午後1時〜リフト運行(降雪状況による)


                      【松山スキー場】
                      営業時間/

                      【平日】午後1時〜9時(令和2年3月2日以降は午後5時〜)

                      【土曜日】午前8時30分〜午後8時30分(令和2年3月7日以降は午後4時30分まで)
                      【日曜日、祝日】午前8時30分〜午後4時30分

                      【12月23日〜令和2年1月4日】午前8時30分〜午後4時30分
                      リフト運行日/12月22日(日)〜令和2年3月15日(日)
                      リフト無料開放日/12月22日(日)午後、令和2年3月15日(日)

                      【平田スキー場】
                      営業時間/午前9時〜午後4時
                      リフト運行日/12月22日(日)〜令和2年2月23日(日・祝)の土曜・日曜日、祝日
                      リフト無料開放日/12月22日(日)午後、令和2年2月23日(日・祝)

                       

                      ●お問い合わせ/松山スキー場 TEL0234-62-2020

                       

                      スワンスケートリンクへお越しください
                      ▽使用時間/
                      【月曜・水曜・金曜日】正午〜午後9時
                      【火曜・木曜日】正午〜午後7時
                      【土曜・日曜日、祝日、年末年始】午前10時〜午後6時
                      ▽休館日/令和2年1月1日(祝)
                      ▽使用料/

                      小中学生220円、高校生330円、一般530円(30人以上で団体割引あり)。

                      小中学生は土曜・日曜日の使用料無料


                      ●お問い合わせ/
                      (公財)酒田市体育協会 TEL0234-31-5539
                      スワンスケートリンク TEL0234-23-3437

                       

                       

                      情報提供:酒田市 担当/酒田市政策推進課広報広聴係

                       

                      ==================================

                      観光物産総合研究所/地域振興ネットワーク/庄内ふるさと応援団
                      代表 稲田俊明

                      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                      ◆観光物産総合研究所 〒166-0012東京都杉並区和田3-28-11-202 

                      TEL 03-6775-7185 FAX 03-3311-9502 携帯電話090-6035-0223

                      Eメールkankoubussansinbun@yahoo.co.jp ホームページ http://www.kankoubussan.jp

                      ◆地域振興ネットワーク 事務局 http://kankoubussan.jugem.jp

                      ◆山形県庄内ふるさと応援団「東京庄内藩」事務局 

                      庄内の話題は http://shonainews.jugem.jp

                      ※庄内検定3部作「庄内ふるさと検定」「庄内おくりびと検定」「庄内おしん検定」もご覧いただけます

                       

                      (主な役職:山形県「やまがた特命観光・つや姫大使」、山形県東京花笠連合会顧問、山形県東京三八会会長、全国ふるさと大使連絡会議理事、ふるさとテレビ顧問、他)

                      posted by: shonainews | 庄内観光・イベント情報 | 07:04 | comments(0) | - | - |